テイスティング アドバイス

キャビアのアロマを最大限にお愉しみいただくために、パンやブリニーにバターやサワークリームを塗ったものがあれば十分です。すっきりとした白ワインやシャンパンとの愛称は抜群です。

同じように、キャビアを料理に使用する場合もシンプルであることが大切です。くれぐれも味を逃さないようにお気をつけください。キャビアはしっかりと冷やした状態でご提供ください。暖かいお料理と一緒に出される場合は、キャビアを別のお皿かもしくは冷やしたグラスに載せてください。

必ず真珠貝か木製、もしくはプラスチックのスプーンをご使用ください。銀などの金属に触れてしまいますとキャビアのおいしさが損なわれてしまいます。

お役立ち情報

キャビアの保管温度は品質保証をする上では大変重要です。最適温度は-2℃から+4℃の範囲です。法人のお客様に向けのキャビア販売業者では最適な状態で冷蔵保管されています。ご購入されたキャビアは早めにご使用ください。ご購入後はできるだけ速やかに冷蔵庫で保管してください。

もし可能であれば、キャビアをしっかりと冷やした氷の上で提供してください。キャビアは酸化に特に繊細です。

キャビアは空気に触れるとすぐに味が変化してしまい、キャビアの品質を損ねてしまいます。缶のふたは召し上がる直前に開けて、その日のうちに使い切ることをお勧めします。残りのもを翌日に召し上がると別の味に変わってしまいます。

食べればわかる

一流シェフとロイヤル ベルジャン キャビアの融合

話題の料理人を見る